埋め立てられるごみ|そのまま処理できない産廃は破砕してちゃんとリサイクルしよう

そのまま処理できない産廃は破砕してちゃんとリサイクルしよう

男の人

埋め立てられるごみ

メンズ

どこから出たか

ごみは埼玉のどこから出てきたかで、産業廃棄物と一般廃棄物に分けて処理されています。産業廃棄物というのは、埼玉の工場や建設現場など事業活動を行うことによって出てくるゴミです。大規模なオフィスや商店、農業施設から出てくるゴミも産業廃棄物に含まれています。産業廃棄物のうち例を出せば、紙くずなどは製本業者から出てくるものに限って産業廃棄物とされていて、一般のオフィスから出てくる紙くずは産業廃棄物には含まれません。これを業種指定と呼んでいます。木くずならば木材の製造業、工作物の除去などの特定の業種から出されたものだけが産業廃棄物で、ほかの業種や一般の埼玉の家庭から出てきた木くずは、一般廃棄物となっています。

ごみの減量化が重要

埼玉の産業廃棄物は、中間処理してから埋め立てて最終処分されています。現在の段階では、ごみは最終的には埋め立てる以外には処分してしまう方法がありません。埋め立てる場所はどうしても必要になってきます。埼玉では現在ある埋め立て場が少しでも長く使用することができるように、ごみの減量化に取り組んでいてごみを中間処理してから埋め立てています。中間処理には、燃やせるごみは燃やす。燃えないごみは破砕する。鉄やアルミなど資源として再利用できるものは回収する。プラスチックはいったん溶かして、減容化するといった方法で中間処理を行っています。ですがこのような方法をとっても、埋め立てるごみの量は増え続けています。安心ができる埋め立て処分の仕組みを作ると同時に、ごみの減量化が叫ばれています。